logo

LEARN MORE ABOUT TAIWAN

台湾出店のココがすごい!
1. 日本大好き!アジア屈指の親日国

アジア屈指の親日国台湾。先の東日本大震災の時の義援金は世界一の200億円を超える額で日本を心から心配し応援してくれた国でもあります。
また、台湾に住む2300万人の中でも特に30歳以下の若い世代は、幼い頃から日本のアニメや音楽などの文化に慣れ親しんでいるため、「親日」の傾向が強いです。
日本製に対する信頼性が高く、街中のいたるところで日本語表記のパッケージや看板をみかけます。

日本大好き!アジア屈指の親日国
日本大好き!アジア屈指の親日国
2. 中国・東南アジア進出への入り口
中国・東南アジア進出への入り口

著しく経済成長を続ける中国・東南アジア。
しかし単独で日本企業がビジネスを展開するには複雑多様なリスクが生じます。
そこで、まず同じ中華圏であり且つ日本に対して寛容的な台湾に進出し、テストマーケティングを行うことで文化・商習慣等を理解でき今後のアジア各地への展開の足掛かりを作る事ができます。

中国・東南アジア進出への入り口
3. 台湾-中国間でECFA(中台経済協力枠組み協定)の締結及び観光規制緩和

2010年に台湾と中国は
ECAF( Economic Cooperation Framework Agreement )
という事実上の貿易協定を締結。これにより台湾経由の中国進出のさらなるメリットができ、中国13億人に対してのマーケットはより一層拓かれています。
また、2013年には台湾政府よる中国人観光客に対する観光規制緩和が実施。
北京・上海・広州を含む中国主要11都市より1日に1000人もの中国人観光客が台湾へ訪れる事が可能になりました。
これにより、各地では"爆買い"旋風が巻き起こり、その観光収入は約100億元〜200億元(約400億円〜800億円)にまで上るとも言われています。

台湾-中国間でECFA(中台経済協力枠組み協定)の締結及び観光規制緩和
4. 贈り物文化のある台湾
贈り物文化のある台湾

台湾では贈り物が非常に盛んで、特に季節の節目にあたる日(春節・中秋節)などにお世話になった人や家族・親戚に贈り物をする傾向があります。
今回ZipanGood展はまさに中華圏で一年のうち最も大切にされている春節時期に開催。
珍しいもの好きで面子(メンツ)を非常に重視する台湾人のギフト購入が期待されます。

贈り物文化のある台湾
PAGE TOP